中性脂肪の数値が高いときはどうする? 気になる原因と対処法

  • 2018/9/5
  • 中性脂肪の数値が高いときはどうする? 気になる原因と対処法 はコメントを受け付けていません。
中性脂肪

運動や食生活をきちんと心がけていますか?

みなさんは日ごろ、運動や食生活をきちんと心がけていますか?

美味しいものを好きなだけ食べているんだけど、なかなか運動できずに日々過ごしている人は多いかと思います。でも、そのままの生活を送っていると、中性脂肪が気になる体になるかもしれません。
今回は、中性脂肪の数値が高い場合の対処法と気になる原因についてご紹介します。

そもそも中性脂肪とは? まずは基礎知識をおさらい

そもそも中性脂肪とは?まずは基礎知識をおさらい

中性脂肪の数値が高いと体によくないということは、今や常識かもしれません。でも、そもそも中性脂肪とはどのようなもので、なぜ増えてしまうといけないのでしょうか。まずは中性脂肪の基礎知識についておさらいしていきましょう。

中性脂肪は私たちが生活するうえで欠かせないエネルギー源で、トリグリセリドとも呼ばれています。中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪などといった脂肪細胞の中に蓄えられ、脂肪酸に変化することでエネルギーとして使用されます。

しかし、必要以上に多くの中性脂肪が溜まってしまうと、血液中の中性脂肪値が高くなってしまいます。中性脂肪の数値が高くなると、体にさまざまな悪影響を及ぼします。一般的に、中性脂肪の数値は30~149が正常値とされています。150を超えると異常値と判断され、何らかの対処が必要になります。

病気のリスクも! 中性脂肪の数値が高い原因とは?

病気のリスクも!中性脂肪の数値が高い原因とは?

中性脂肪は、体に必要なエネルギー源です。しかし、必要以上にエネルギーを摂取してしまうと中性脂肪は体に蓄えられていきます。中性脂肪の数値が高くなってしまう主な要因は、食生活の乱れです。

食生活の問題として挙げられるのは、糖分の多いお菓子やジュース、アルコールの摂り過ぎです。特に女性は糖質が高く甘いお菓子が好きでよく食べる、男性はお酒をよく飲むという傾向にあります。

また、バターやクリーム、牛肉や豚肉など脂身の多いものも中性脂肪を増やしやすい食べ物です。健康を意識して食べる人が多い果物も、糖質が含まれているため摂り過ぎは禁物です。

中性脂肪がつくことによる体の変化

中性脂肪がつくことによる体の変化

栄養バランスの偏った食事などにより増えてしまう中性脂肪ですが、血液中の中性脂肪が増えてしまうと、体にどのような変化があるのでしょうか。

血液中には中性脂肪のほかにもLDLコレステロールが含まれています。中性脂肪とLDLコレステロールは、密接な関係にあります。LDLコレステロールも中性脂肪と同じ脂質の仲間で、過剰に増えると動脈硬化の可能性を高めるなど体に悪影響を及ぼします。

通常、コレステロールはHDLコレステロールとよばれる高比重リポ蛋白と呼ばれる成分によって回収され、血中の値は正常に保たれています。しかし、血液中の中性脂肪が増えてしまうと、HDLが減少してしまいます。

更に、LDLと呼ばれる低比重リポ蛋白という成分が動脈の壁面に蓄積しやすくなります。LDLは動脈硬化を促進する成分として知られているため、中性脂肪が増えることで、動脈硬化になりやすくなります。

動脈硬化はその名の通り、動脈が固くなってしまう状態です。動脈のしなやかさが失われると血管が狭くなって血液が流れにくくなってしまったり、血管がもろくなったりしてしまいます。その結果、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など生死にかかわるさまざまな病気を引き起こす原因になるのです。

余計な中性脂肪を減らす方法とは?

余計な中性脂肪を減らす方法とは?<

血中の中性脂肪の数値が過剰に高くなってしまうと、血中のコレステロールが増え、さまざまな病気の原因になる動脈硬化を引き起こすリスクが高まります。余分な中性脂肪を減らすにはどのような点に気をつければよいのでしょうか。

まず、初めに挙げられる対策は食生活の乱れを正すことです。中性脂肪の数値が高い人は、お菓子やお酒が好きでよく食べるという傾向にあります。まずは、お菓子やお酒を控えて、バランスのとれた食事を心がけましょう。

アルコールは1日あたり以下の量を目安に、週に1~2日は休肝日を設けることが大切です。

POINT
日本酒……1合
ビール……大瓶1本
ウイスキー……グラス1杯

脂身の多い食事は控えたほうがよいですが、植物油や魚油等の良質な油は摂って構いません。特に青魚に含まれているDHAやEPAなどの成分は中性脂肪を減らす効果が期待できます。アジやサバ、サンマなどの魚を積極的に食べるように心がけましょう。

また、適度な運動も効果的です。運動というと、ジムで行うような本格的な筋力トレーニングをイメージする方もいるでしょう。しかし、これまで運動する習慣がなかった方は、軽めのウォーキングを15~30分程度行うだけでも効果的です。

慣れてきたら、1日1万歩など、具体的な目標を掲げて継続できるよう努めてみてください。筋力トレーニングも中性脂肪を減らす効果が期待できるため、飽きない程度に続けてみるとよいでしょう。ただし、大切なことは継続することです。無理のない程度に毎日続けられる程度の運動を行いましょう。

中性脂肪の数値を低くするために

中性脂肪の数値を低くするために

・中性脂肪はエネルギー生成に必要なものですが増えすぎると体に悪影響を及ぼします。
・中性脂肪の数値が高くなると心疾患などのリスクが高まります。

中性脂肪の数値の高さは、生活習慣を見直すと改善できます。まずは、自分でできることからはじめてみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. ピーリング
    クレンジングとピーリング。詳しく説明できますか? しっかりお手入れをしているのに肌がくすむ、毛…
  2. クレンジング
    みなさん、健康肌や美肌になるために何か気をつけていたり、心掛けていることはありますか? 健康肌…
  3. 便秘解消
    みなさんは、日ごろ腸内環境をしっかり意識して生活していますか? 「最後にトイレで排便したのがい…
  4. マスカラ
    【この記事の監修者】 PROFILE kishidamさん ・コスメコンシェルジュ ・日…
  5. クレンジング
    肌荒れしてるときのケアはしっかり出来ていますか? キレイな素肌づくりの第一歩は、毎日のケアで肌…
  6. ドライスキン
    乾燥肌に悩まされていますか? クレンジングは肌をキレイにする上で大切なステップ。 しかし、ク…




ページ上部へ戻る