日焼け止めは1年中塗ったほうがいい!?塗るタイミングやオフの方法は?

  • 2019/2/27
  • 日焼け止めは1年中塗ったほうがいい!?塗るタイミングやオフの方法は? はコメントを受け付けていません。

「日焼けをすると肌が老ける」という事実

スキンケアの一環として、日焼け止めを塗っているという方、多いのではないでしょうか。筆者も、「シミをつくりたくない!」という一心で日焼け止めを塗っていますが、そもそもなぜ、日焼けはこんなにも危険視されているのでしょうか?

日焼けによる肌トラブルと聞くと、真っ先にシミを思い出しますよね。でも、それだけじゃないんです。実は、シワやたるみの原因にもなるって知っていましたか?日焼けは、”肌の老化を促進させる”という、恐ろしい事態を招いてしまうのです。

日焼け止めは1年中塗ったほうがいい?

春夏の日焼け対策はもちろんですが、秋冬もやったほうがいいのでしょうか。結論として、紫外線は、年中休むことなく降り注いでいます。なにも対策をせずに過ごせば、その分だけ、肌はダメージを蓄積してしまうのです。

中高齢者の年代から発症するシミ(老人性色素斑)は、過去に受けたダメージがきっかけとなって現れます。「今は若いからいいや」と目先のことしか考えていないと、後々大変なことに…!

 

どのタイミングで塗るのが効果的?

まずは、化粧水や乳液で基本のスキンケアを済ませましょう。十分に保湿できたら、日焼け止めの出番です。薄塗りになりすぎない程度の量を、顔全体にまんべんなく塗り広げます。その後に、化粧下地、ファンデーションと続けていきます。

ちなみに、パウダータイプの日焼け止めは、化粧下地の上から使うようにしましょう。クリームよりもベタつかず、化粧直しや化粧の仕上げとしても活躍するため、ひとつカバンに忍ばせておくと重宝しますよ♪

 

どれくらいの量を塗ればいい?

日焼け止めのパッケージには、必ず「SPF50+」などの表記がありますよね。でもこれ、「1㎠あたり2mgを塗った時の場合」を表す数字だったって、ご存知でしたか?2mgというと、かなりの量が必要ですし、あっという間に1本を使い切ってしまいそうです。

それぐらいたっぷりの量が必要だ、ということは分かりましたよね。塗るときは、肌の上で余ってしまわない程度の量を使い、しっかりと乾かしましょう。乾かして肌に密着させないと、効果が半減してしまいます。生乾きのまま服を着るのもNGですよ!

 

オイリー肌の人は塗っても大丈夫?

朝化粧をしたのに、会社に着くころには顔がテカテカ…。そんなオイリー肌の方は、「ベタつくのが嫌で、日焼け止めを塗りたくない!」といった悩みをお持ちでなはいでしょうか。

しかし、日焼けにより肌が乾燥することで、過剰な皮脂の分泌を助長してしまう恐れがあります。サラサラタイプの日焼け止めや、スプレータイプ、飲むタイプなど、自分の肌に合ったアイテムで何かしらの対策はしておきましょう!

 

どうやってオフするのが正解?

夏場は特に、たくさん汗をかきますよね。その汗に負けないよう、ウォータープルーフ処方のされた日焼け止めが多く流通しています。でも、ちょっと待って!きちんとオフしないと、肌トラブルの原因になるってご存知でしたか?

まずは、自分が使っている日焼け止めのタイプを確認しましょう。「石鹸で落とせる」となっていればその通りですし、SPF値の高いウォータープルーフであれば、クレンジング材を使用してオフすることをオススメします。

これは身体も同様で、クレンジング材が必要な日焼け止めにも関わらず、ボディタオルでゴシゴシ洗ってお終い…ではNG!最悪の場合、ニキビや湿疹ができてしまう恐れがあるため、きちんとオフすることを心がけましょう。

 

どれくらいの頻度で塗りなおしが必要?

しっかり塗ったはずの日焼け止め、いつの間にか汗で流れていた…!なんて事態は避けたいですよね。基本的には、2~3時間おきを目安に塗りなおすといいでしょう。夏場で汗をたくさんかいた時は、もう少し間隔を狭めてもOK。

意外にも、服でこすれたり、手で触ったりするだけで、日焼け止めは落ちてしまうもの。「出かける前にしっかり塗ったからいいや!」と面倒くさがらず、メイク直しのついでに塗りなおすことをオススメします。

 

正しく使って若々しい肌を手に入れよう!

毎日スキンケアに化粧に、何かと手間がかかりますよね。日焼け対策をついサボりがちになるのも頷けます。しかし、外に出れば紫外線の猛威は容赦なく襲ってきますし、それによるダメージは日々蓄積されていきます。

日焼け止めを惜しみなくたっぷりと使って、肌を守ってあげましょう。忘れてはいけないのが、数時間おきに塗りなおしが必要だということ。手軽に使えるスプレータイプを持ち歩くなど、日々の生活にちょっと工夫をプラスして、キレイな肌を保っていきましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. アイメイク
    【この記事の監修者】 PROFILE kishidamさん ・コスメコンシェルジュ ・日…
  2. クレンジング
    肌荒れしてるときのケアはしっかり出来ていますか? キレイな素肌づくりの第一歩は、毎日のケアで肌…
  3. ブルベ 夏 メイク
    淡い寒色系の色や、スモーキーカラーが似合うブルベ夏タイプは、上品でエレガントな印象が特徴。 透…
  4. 葬儀 メイク
    「葬儀と通夜には、薄化粧で地味な髪型で参列する…」という漠然としたマナーは、ほとんどの方がご存知…
  5. マスカラ
    【この記事の監修者】 PROFILE kishidamさん ・コスメコンシェルジュ ・日…
  6. 大人 透明感 メイク
    メイクで立体感や透明感を出すために使う”ハイライト” くすみや肌トラブルを光で飛ばして、目立た…




ページ上部へ戻る