肌荒れとクレンジングの関係性について

  • 2018/8/28
  • 肌荒れとクレンジングの関係性について はコメントを受け付けていません。
クレンジング

みなさん、健康肌や美肌になるために何か気をつけていたり、心掛けていることはありますか?

健康肌や美肌になるために、季節・生活リズムの変化、食生活などに関しては気を遣いますが、どうしても美容までは、時間をかけれない事も多いのが私たち現代人です。
特に肌荒れは多くの女性が悩んでいて、女性の悩みランキングでもTOP10に入るほど多くの人が悩んでいると聞きます。

そして女性には欠かすことが出来ないメイクを落とすために毎日行うクレンジングも肌荒れの原因になる場合があるので、クレンジングと肌荒れの関係性を考えながら、肌荒れに対して「そもそも肌荒れって?」、「肌荒れの原因とは?」「肌荒れの種類」「肌荒れのケア方法」など一つずつ細かく紹介していきたいと思います。
少しでもみなさんの美肌へのヒントになれば幸いです。

肌荒れとは

肌荒れとは簡単に説明すると、すべての肌トラブル問題の事です。

ここで言うトラブルとは、「ニキビ」「カサつき」「テカり・べたつき」「赤み」「かゆみ」「毛穴の開き」「黒ずみ」「ニキビ跡」「古い角質」「日焼けによるシミ」などなど、思いつくだけでもかなり多くあります。

また、それぞれ原因や対処法が異なってきます。
肌荒れの原因としても何点かありますので以下に書いていきます。

1「肌質のタイプ」

主によく出てくる種類としては「乾燥肌」・「脂性肌」・「混合肌」・「敏感肌」・「年齢肌」です。
これをさらに細分化しての肌荒れもあると言われています。

2「食生活の乱れ」

食生活もすごく重要なポイントだと言われています。
美肌や健康肌を目指していくには、食生活(栄養素)という部分はかなり大切です。
当たり前ですがバランスよく食生活を行っていくことが近道ですが、特に気を付けたいのがビタミン類と言われています。
ビタミンと言っても様々ありますが、美容に対して効果が高いものを説明していきます。
▼ビタミンA
ビタミンAは肌の健康をサポートしてくれる栄養素です。
また肌のターンオーバーにも必要な栄養素となります。
特にレバー・魚・卵・乳製品などに多く含まれます。
▼ビタミンB群
ビタミンBには体のエネルギーを作るために重要な栄養素です。
また肌荒れなどを防ぐためのサポートもしてくれる栄養素です。
豚肉・ほうれん草・にんにく・うなぎなどに含まれます。
▼ビタミンC
ビタミンCは体を元気に保つために必要な栄養素です。
レモン・アセロラ・いちごなど果物に多く含まれます。
なかなか食べ物だけでケアをしていくのも大変な為、種類も多々あるサプリなどを服用するのもおススメです。

3「睡眠不足や疲労」

なかなか日々に追われて、睡眠時間をきちんと取れていない人も多いと思います。
理想の睡眠時間は8時間~7時間ぐらいと言われています。
睡眠時間が少ないと疲労感が抜けないのはもちろんストレスも溜まり、内面的にも外見的にも悪影響が出てきます。
また女性の場合はホルモンバランスの関係で肌荒れも起こる為、しっかり睡眠時間や運動を取り入れて健康状態を維持していくのがおススメです。

4「紫外線によるダメージ」

最近は、地球温暖化の影響もありオゾン層の破壊が進んでいて紫外線量が多くなってきていると言われています。
紫外線は浴びすぎると、「日焼けによるシミ」が起こる可能性がある為、しっかり日焼け止めなどでケアをして、事前に防いでおきましょう。

5:間違ったスキンケア

スキンケアの第一段階と言われている「洗顔」。
女性にとっては欠かすことのできない「メイク」。
そのメイクを落とすための「クレンジング」。
上記の中でもメイクをする女性にとってはクレンジングと洗顔は欠かせません。
クレンジングや洗顔料には「界面活性剤」という油分を落としてくれる成分が含まれています。
肌荒れが起こる原因としては、この「界面活性剤」の洗浄力によるものと言われています。
洗浄力と肌に与えるダメージは、だいたい比例してると言われています。
そしてメイク残しも肌にとっては肌荒れを起こす原因となる可能性があります。
自分の肌に合わせてクレンジングを選定し使う事が大事なポイントです。

肌荒れの種類

肌質のタイプにより、肌荒れの種類も異なってきます。
もう少し細かく確認していきましょう。
(※人により異なる可能性はありますが、よく言われている主な情報を基に紹介していきます)

「乾燥肌」

季節
春・秋・冬
症状
カサつき・かゆみ・毛穴の開き・黒ずみなど。
クレンジング
乾燥肌の方には部分でクレンジングを変えることをおススメします。
メイク残しも肌荒れの原因となる可能性がある為、落ちにくいポイントメイクはオイルタイプ、そして全体を保湿成分のあるクリームタイプやミルクタイプを使用し出来るだけ乾燥させないようにしましょう。
乾燥肌というのは、肌に必要な水分がない状態です。
主な原因としては、必要な栄養素不足・ケア方法・加齢と言われています。

「脂性肌」

季節

症状
テカり・ベタつき・ニキビ・毛穴詰まりなど。
クレンジング
脂性肌の方が特に注意しなくてはならないのが、必要な皮脂も落とそうとゴシゴシ洗ってしまうこと。
特に脂性の肌はニキビなどが出来る可能性がある為、強く擦りすぎるとニキビ跡や油分を取りすぎてしまい乾燥肌などを引き起こしてしまう原因になると言われています。
リキッドタイプやクリームタイプ・ジェルタイプを使用し、摩擦が少なく素早くメイク落としが出来るクレンジングを選びましょう。
脂性肌というのは、肌の油分が平均以上ある状態です。
主な原因としては、食生活の乱れ(脂っぽいもの)・ホルモンバランスの乱れ・思春期・間違えたスキンケア方法と言われています。

「混合肌」

季節
オールシーズン
症状
乾燥肌・脂性肌の両方
クレンジング
混合肌の方はパターンが人によって様々あるため、選定は難しいですが、ポイントメイクを洗浄力が強いオイルタイプで素早く落としてあげて全体を脂性肌か乾燥肌によってタイプを変えていくと良いと言われています。
混合肌というのは、乾燥肌と脂性肌の両方の症状が起こっていて部分ごとで潤いのバランスが異なる状態です。
主な原因としては、加齢による皮膚の部分ごとの変化や紫外線・生活習慣や食生活の乱れですと言われています。

「敏感肌」

季節
オールシーズン
症状
外部からの影響を受けやすく、ストレスなど内面的な影響も受けやすい肌。
クレンジング
敏感肌の方は元々アレルギー体質である場合や、刺激に弱い方が多い為、なるべく低刺激の物や自然成分の物を選んであげると良いと言われています。
ミルクタイプなどの刺激が少ないものがおススメです。

「年齢肌」

季節
オールシーズン
症状
毛穴詰まり・ツヤやハリの減少・乾燥など。
クレンジング
年齢肌の方にはポイントメイクなどはしっかり専用のリムーバーなどで落としてあげて、肌に潤いを残すことが大事なポイントと言われています。
クリームタイプやミルクタイプなどの刺激が少ないものがおススメです。
POINT クレンジングの種類一覧
1「オイルタイプ」
2「油性のジェルタイプ」
3「クリームタイプ」
4「水性のジェル・リキッドタイプ」
5「乳液タイプ」
※上から洗浄力の強さ順になっています。

肌荒れするとどうなるか

肌荒れをしてしまうと様々なトラブルが起こりますが、美容という観点からですとメイクやスキンケアの方法が限られてきてしまいます。
特に女性はメイクをしていく上には、肌荒れは難敵なので気付いたらすぐに改善していきたいですね。

主な原因としては、上記にも説明したように、食生活や生活リズムの乱れ・間違ったスキンケアの方法・ホルモンバランスの乱れ・ストレス・花粉症などのアレルギーから発生する肌荒れ・体の内側の悪化など、様々な理由から起こってくると言われています。
肌荒れを放っておくと後々、改善するのが困難になる可能性がある為、簡単に改善できる箇所を見直していきましょう。

肌荒れ改善の方法

肌荒れ改善方法としては今現在では、たくさんの方法が存在しています。
改善速度や方法は人それぞれ、違うと思いますが、まずは健康面の見直しは必須です。
特に食生活での偏りは要注意です。
日々生活するうえで必要なエネルギーは食べ物などの栄養素から取り入れられる為、しっかりバランスよく体の中に栄養素を運んであげることが大事な工程の1つになると言われています。
また睡眠時間も美肌作りにおいては重要と言われています。
様々な説はありますが、基本的には7時間程の睡眠時間がおススメです。

また美容面から考えたときに、スキンケアの方法にも原因がある可能性があります。
特に女性はメイクをするため、しっかりとクレンジングでメイクを落としてから洗顔やアフターケアを行うことが重要です。
「クレンジングの種類が自分の肌に合っているか」「クレンジングの使用方法は合っているか」など、まず「自分の状態」を確認してあげることが良いでしょう。

もし現在進行形で肌荒れが悩みという方は、保湿ケアをしっかりしてあげて生活習慣やクレンジングなどの見直しをしてみましょう。

スキンケアや生活習慣を気を付けて肌荒れ改善を目指しましょう!

一概に「肌荒れ」という言葉でも、蓋を開けると今回説明した様に様々な問題が存在します。
誰もが目指したい美肌を目指していくには、まずは自分自身の肌状態を知ることです。
そして生活面や健康面の改善も必須です。

肌の状態が良くなるということは、必然的に健康UPにも繋がるので、美肌+健康的な体を同時に目指していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. 血糖値
    みなさんは、日ごろの食生活は気を付けていますか? 「血糖値が高い状態はあまり良くない」というこ…
  2. キャンメイク おすすめ
    気軽に手に入れやすいプライスに反して、クオリティの高いプチプラコスメの代表格、『キャンメイク』。 …
  3. ブルベ 夏 メイク
    メイクがうまくいってご機嫌だったのに、鏡を見たらもう崩れてドロドロ…なんて経験、ありませんか…
  4. イニスフリー
    韓国で世代を問わず愛されるコスメブランド、『innisfree(イニスフリー)』をご存知です…
  5. メイク直し やり方
    鏡を見るとテカりが気になって、とりあえずパウダーファンデで上塗りしたり、お粉でパフパフしてご…
  6. 葬儀 メイク
    「葬儀と通夜には、薄化粧で地味な髪型で参列する…」という漠然としたマナーは、ほとんどの方がご存知…




ページ上部へ戻る